工事

サッシ色について ー阪急南茨木店ー

家の窓の枠色はアルミ系の色であり、

学校のようなシルバー色ばかりでした。

それが近年、ホワイト、ブラウン、ブラック、ゴールド

室内側には木目など様々な色がでてきました。

 

color_img_01

 

 

 

 

 

 

 

※LIXIL 参照

 

商品によって木目がない場合や、

京都などの景観が厳しい地域では

使えない色などもあるそうです。

 

外観に合わせたサッシ色、

内観に合わせたサッシ色、

思い描いた選択をしましょう。

 

次に出るサッシ色はピンクゴールド系かな?

カシコ・クラッセ真砂

南茨木店近くの真砂にて、建築がスタートしました。9月には完成。暑い中の工事、体調管理に気をつけたいと思います。

ご近隣の皆さま、工事中は大変ご迷惑をおかけします。ご理解いただけますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

IMG_2052

 

うわべだけじゃない、タタミのはなし―JR茨木店―

昨年末にチラシに載せたタタミの内容を見て、お客様から「和室のタタミを替えたい」とご要望がありました。

タタミのリフレッシュには、裏返し、表替え、新調・・・があります。

 

300-4 300-5 300-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、タタミの表面(畳表)には、

イ草(国産、中国産)、和紙製、樹脂製、・・・などなど、今は選択肢もさまざまです。

メイドインジャパンのこだわりや、カラーのこだわり、肌触りや質感、いろんなポイントがあるんです。

私どももそのポイントについては勉強もしたり、コーディネートしたりしてきたつもりなのですが、今回のお客様のご要望は、『タタミの芯からいい畳にしたい。今までの畳は、足が痛いのよ』でした。

タタミの芯。

つまり「畳床」のことですね。

300-2

 

 

 

畳床は、建材ボードのみ、もしくは建材ボードと断熱吸湿材と組み合わせたものが、昨今は主流になっています。

持ち運びが軽量で、お値段もお求めやすく製作できるからです。

 

ですが、お客様のおっしゃる「足が痛くない」畳床というのは、建材ボードの畳床ではなく、昔ながらのワラを使用した畳床でした。

産地や、素材、色のコーディネートで、さんざん「畳表」のお話はしたことがありましたが、畳床はいつも、主流のボードタイプのものを使ってきました。

今回は、「畳床」がまずメインの宿題。

 

ワラばかり使うと、ダニに狙われやすくなったり、非常に重量が増したりします。

今回は、ワラと、断熱吸湿材の両方のいいところを取り入れることにしました。

20190315畳工事 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ワラが“天然のバネ”の役目をしてくれ、「こんなに違うの!?」というほど柔らかなクッション性になりました。これは、踏んでみないとわからない 体へのやさしさ・・・

 

そして、もちろんタタミの「表面」にもこだわりました。

昔ながらのイ草がお好きなので国産のイ草。クマモンのふるさと、熊本県ですくすく育ったイ草の畳表です。

タタミ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

こだわりはイ草の産地だけではなく、麻糸と綿糸をダブルで使って、4本で織り上げているものを選んだということ。

(一般的なものは、綿糸だけの2本使いです)

タタミ (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

綿糸よりしなやかで強く、少し太い麻糸。この太い麻糸を使い、糸の本数を増やすことで、「畳のうね」が小高く、よりクッション性に優れたふわりとした仕上がりになるんですね。

はは~。

タタミの世界も奥深いです。

 

と、いうわけで

今回、「畳床」のクッション性 + 「畳表」のクッション性 の、W効果で、非常に足にやさしく、正座をしても痛くない、すてきなすてきなタタミ入替工事となりました。

20190315畳工事 (13)

20190315畳工事 (17)

 

同時に、

「うわべや色のことばかり知ってたらダメだなぁ」と、またひとつ反省し、

よい勉強になった機会となりました。

 

さあ、すてきなタタミの話、今なら知識の引き出しが増えています!!

ブログでほんの、おすそわけです。

心のゆとりを、感じさせる家ー阪急南茨木店ー

3LDK、4LDK、共々に中庭を設置したプラン、

子供達の遊び場として、LDKから、様子を覗う事

も出来、又お客様とお茶を楽しむ場所としても、

最適だと思い、設置してみました。

本年、平成最後、5月からは新年号迎え、記念の、

新築住宅として、心に刻まれる事と思います。

当社、社員全員で、お客様のご要望プランに

お答えすべく、取り組んでまいります。

キャプチャ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャプチャ

 

 

 

 

 

 

 

失敗してしまいました。~キッチンの灯り~ -JR茨木店-

先日、「食器棚を、新しくしたい」というご依頼を受けたN様。

今までの置き式の食器棚ではなく、壁に造り付けカップボードにしたので地震時も倒れず安心。引き出しが多いのでモノの出し入れもラクになって。

だけど、大失敗が起きてしまいました。

スタイリッシュなデザインのカップボード。

背が高くなったので、吊戸のてっぺんの位置が上がり、

扉を開け閉めしたときに、キッチン上の照明器具にぶつかってしまうようになったのです!!

 

 ↓ がつん!

★IMG00070より

★IMG00576 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに、天井と扉のあいだの寸法を計測、38ミリ!

★IMG00576 (2)

 

 

 

 

 

 

そこで、超薄型の照明器具を探し、最小で、30ミリの薄さのものを選びました。

6011551671177605

 

 

 

 

 

 

そうっと開けてみました・・・ ぶつかりません。ホッ・・・

★DSC00101

★DSC00104

 

 

 

 

 

 

↓ 食器棚も含めた、ビフォーアフターはこんな感じです。(少しアングルずれていてすみません)

★食器棚 (1)

★DSC00107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回、

一緒に、ダイニングの照明器具をオシャレに変えたい・・・というご相談もいただきました。

もともとは、オレンジの強い、少し暗めのペンダント灯がついています。

(量販店など)どこに見に行っても、カワイイのが無い・・・というお悩み。 そうなんです。量販店にはシンプルな商品しかないんですよね。

★DSC00087

 

 

 

 

 

 

 

今回奥様と、楽しみながら&悩みながら、決定して選んだのはこのデザイン。

灯りをONにすると、壁面や天井に、ゆらゆらと 水面に揺れる光のようなキラキラが舞うのです。

E11400_J04S

E11400_J03K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 比べてみてくださいね、こちらが、交換する前と 交換したあとの写真です。

右側の写真、反射光が天井にゆらめいているのがわかりますか?

★DSC00087

★DSC00116

 

交換工事のときには、小学生の息子さんも居て、灯りにはご興味ナシで、ゲームなどされていたのですが、

交換し終ってから点灯すると、

お子さんも含め、みな一斉に 「おおー!!」

こちらの写真だけではお伝えしきれないのですが、ダイニングの雰囲気がガラリと変わって、オシャレなカフェのようになりました。

 

「キッチンもスタイリッシュになったし、灯りだけでこんなにそれぞれ変わるんですね・・・!」と奥様もビックリされていました。

キッチンの照明も薄型でカッコよくなりましたし、ダイニングの灯かりは、大成功 だったと思います^-^

当たり前のことなんですが今後は、周りにぶつかる可能性のあるものをちゃんと確認します。

6121551664820763

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は N様とお子様の笑顔が見られて、ほっと嬉しく思えたリフォーム工事でした。

オススメのパン屋さん ―阪急南茨木店―

shop_4_1

 

 

 

 

お気に入りのパン屋さんとして、高槻市は勿論、茨木市、

京都市からでも、来られる、人気のお店です。

お店に一歩入ると、何十種類ものパンが並び迷ってしまいます。

中でも、カレーパンが大人気、あっと言う間に無くなり、

その間他のパンを探している内に、カレーパンが揚ってくる、

手際の良さが嬉しいです。買ったパンを持ち帰り、

頂くのも良いですが、食堂、又はテラスで頂くのが楽しいです。

テラスからは、お店の前に、今城塚古墳公園が有り、

素晴らしい風景を見ながら頂くのが、最高です。心が和む、

一時を過ごせる事を幸せに感じます。

 

住宅も、我が社、新築事業部に於いて、立地条件、敷地形状等を

生かした建物を重視する設計をと、考えています。

キャプチャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shop_4_3

 

 

 

 

 

 

 

shop_4_2

 

 

 

 

 

 

 

o_19dpqvfi3ivqi9teotq4s1aqa1f

 

 

 

 

 

 

 

o_19dpqvfi4nhv1q5d1a5h8ghttn1m

 

 

 

 

 

 

 

8A3F93DB-216D-459B-86C2-AF3D4EFE88AB

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店の中、テラスから見える今城塚古墳公園の風景

 

サニーサイド高槻本店

高槻市岡本町36-1

TEL/FAX 072-669-9248

@sunnyside_takatsuki

www.sunny-side.co.jp

 

新築「Smile」シリーズ誕生!!! ー阪急南茨木店ー

SMILE

 

子育てママを、にっこり笑顔に。そんなママを応援するために、

スマイル シリーズが誕生しました。

 

トップページ→新築事業部→スマイルのバナーを選択してください。

または、ここから!

http://www.kabayama-k.co.jp/smile.html

 

様々な事例に基づき、スマイル シリーズについて、

ご紹介しております。

 

今後も事例や様々なコンテンツを更新していきます。

 

次回〇〇〇シリーズ、、、誕生、、、?