人造大理石と人工大理石の違いとは ー阪急南茨木店ー

人大(ジンダイ)、人大と言いますが人大には2種類あります。

人造大理石と人工大理石。

今回はこの2種類の人大の違いをご紹介します。

 

人造大理石とは

天然大理石を粉砕して樹脂やセメントで固めた半人工素材のことをいい、

仕上げに研磨作業が必要となるため、浴槽などの複雑な形には適さず、

キッチンのカウンターや壁材、床材など板状の製品としてよく使用されます。

 

人工大理石とは

アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材のことをいい、

人工大理石は様々な形に加工できます。

天然の大理石と比較すると柔らかく傷つきやすく、

研磨剤入りのナイロンタワシやクレンザーを使用すると艶の違いが生じ、

色付きの場合は色も削れ白くなるという欠点があります。

 

このように人大でも2種類あり、各住宅設備メーカーによって

仕様しているものが違っていいます。

ショールームなどで、どちらを使用しているのか聞いてみるのも良いかもしれませんね。