安心の耐震補償 「耐震等級3」で始めるこれからの家作り

安心の耐震補償「耐震等級3」で始めるこれからの家作り

耐震補償付き住宅 スーパーストロング構造体 VALUE

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

万が一、地震の揺れが原因で「スーパーストロング構造体バリュー」で建てた住宅が全壊した場合、建替え費用の一部を最高2000万円まで負担します。この「耐震補償」は、一般的によく知られている「地震保険」とは違い、品質保証の一環としておこなわれるものです。
スーパーストロング構造体バリュー「耐震等級3」相当の強さの理由

スーパーストロング構造体バリュー「耐震等級3」相当の強さの理由

建築基準法|SSバリュー

壁が強い

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。
※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。
※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

よくある質問

よくある質問

どのような住宅が地震に対して危険なのですか?

どのような住宅が地震に対して危険なの?

①建物の上階(2階、3階)が重い建物。
②耐力壁の配置バランスが悪い建物。
③設計どおり壁が配置されていない建物や、規定通りに施工されていない建物は倒壊や全壊する恐れがあります。

耐震性を高める設計とはどのようなものですか?

耐震性を高める設計とはどのようなもの?

建物を構成する各部材が、地震の左右の揺れに対して一体となって耐えることができるように設計をします。各部材は、通常は重みを支える役割ですが、地震時には一体となって変形を防ぐ役割を担っています。

なぜ「耐震等級3」でないければ補償されないのですか?

なぜ「耐震等級3」でなければ補償されないの?

「スーパーストロング構造体VALUE」の耐震性能は、国内最高水準を基準である、「耐震等級3」相当を必要で十分な強度性能として設定しています。建築基準法レベルの「耐震等級1」では、阪神淡路大震災級の地震では倒壊してしまう実験結果もあるため、耐震等級1や2の住宅は補償の対象となりません。

スーパーストロング構造体バリューの家は、トステムの認定を受けた「スーパーストロング構造体バリュー加盟店」のカシコクラッセが責任を持って施工をいたします。

新築はこちらリフォームはこちら
新築はこちらリフォームはこちら